弁護士 (第二東京弁護士会所属) 松永昌之

学歴

2009年
早稲田大学法学部卒業(三年次飛級卒業)
2012年
東京大学法科大学院卒業

経歴

2012年
司法試験合格
2013年
弁護士登録(第二東京弁護士会所属)
2014年
東京丸の内法律事務所入所
2018年
法律事務所ZeLo参画

実績

金融・資金決済法分野のビジネスの適法性調査、スキームの構築を多数担当し、貸金業該当性が懸念されたFintech企業のビジネススキームについて経済産業省のグレーゾーン解消制度の利用による適法回答を取得。

仮想通貨交換業登録案件、仮想通貨交換業者のM&A案件、ICO・IEO案件を数多く担当し、金融庁等の規制当局対応からマーケティングに至るまで幅広くアドバイスを行い、プロジェクトを成功に導く。

多種多様な訴訟・紛争案件を担当し、裁判所の訴訟指揮を見据えた戦略の立案、緻密な法律構成により、クライアントを勝利に導く。

破産管財人(又は破産管財人代理)、申立代理人として債権者数万人規模の大規模事件を含む多数の法人破産事件を担当し、困難な財産換価や否認請求、役員に対する責任追及による債権回収を成功に導く。

監督委員補助者、申立代理人として多数の法人民事再生事件、保全管理人補助者として会社更生事件を担当し、適切な事業所、店舗等の保全により財産の散逸、従業員、取引先の混乱等を防止する。

金融機関において事業承継セミナーの講師を担当し、最新の法務・税務を踏まえた事業承継スキームについて解説。

言語

日本語/英語

講演

2019.04.09

松永昌之弁護士が「法律・税務と経済学の専門家から見た日本のトークンエコノミー」に登壇いたしました。

平成31年4月9日、Neutrinoにて、リアルワールドゲームス株式会社様主催のイベント が開催され、弊所の松永昌之弁護士が登壇いたしました。当日は、経済学者の溝口哲郎先生、税理士の柳澤賢仁先生と...

著書

『ブロックチェーンビジネスとICOのフィジビリティスタディ』

『ブロックチェーンビジネスとICOのフィジビリティスタディ』

〈著書〉
執筆 | 松永昌之
発行年月日 | 2018/11/05

『新規ビジネスを成功に導く法的リスク突破力』

〈著書〉
執筆 | 松永昌之
発行年月日 | 2018/07/21

『無期転換ルールへの対応を取らなかった場合の使用者のリスク』

〈著書〉
執筆 | 松永昌之
発行年月日 | 2018/05/24

『無期転換ルールの仕組み』

〈著書〉
執筆 | 松永昌之
発行年月日 | 2018/05/24

『労働事件ハンドブック』

『労働事件ハンドブック』

〈著書〉
執筆 | 松永昌之
発行年月日 | 2015/03

ジャーナル

2018.09.07

事業承継

平成30年度税制改正の特例納税猶予制度とは?-特例納税猶予制度を踏まえた最新の事業承継の法務と税務(第2回)

日本企業の現状を鑑みるに、企業の経営者の高齢化が進み、今後10年間で社長の平均引退年齢である70歳を超える中小企業・小規模事業の経営者は約245万人に達します。そのうち約半数にあたる127万人の経営者

2018.08.31

事業承継

事業承継対策を検討する理由とは?-特例納税猶予制度を踏まえた最新の事業承継の法務と税務(第1回)

平成30年度の事業承継税制改正により特例納税猶予制度がスタートしたためか、最近、新聞等で事業承継が活発化しているというニュースを目にする機会が多くなっており、また、事業承継ビジネスに参入する企業も増加

2018.05.01

人事労務

無期転換ルール~人事労務の「2018年問題」に企業がとるべき対応とは?-法律事務所ZeLoの弁護士が、企業が知っておくべき労務問題について解説する(第2回)

平成30年4月3日付日本経済新聞朝刊において「『日通が無期転換逃れ』雇用打ち切りの女性が提訴」との見出しで、雇止めをされた日本通運の元従業員が、同社に対して、雇止めの無効の確認などを求める訴訟を提起し

TOP