ベンチャー・スタートアップは、イノベーションの源泉として社会経済に多大なインパクトを与える存在です。他方、これまでにないビジネスモデル、創造的なプロダクト・サービスゆえ未知の法的リスクに直面することや、法的・組織的に未整備である段階においては不安定な地位に立たされることも少なくありません。

当事務所は、これまで100社以上のベンチャー・スタートアップに対し様々な法的アドバイスを提供しており、創業期から拡大成長する各フェーズにおいて生じる法的問題に、経営陣との密なコミュニケーションを通じて迅速に対応しており、事業の加速及びベンチャー・スタートアップの拡大成長に寄与してまいります。

また、ベンチャー・スタートアップにおける重要なイベントのひとつである、資金調達・ストックオプションの発行の場面においても、シードからレイターの各シリーズにおける対応実績から実務に即したアドバイスを提供しております。