経済の中心は「モノ」からサービス、ソフトウェアといった無体の知を中心とするものに確実に移行しつつあります。無体の知に依拠するビジネスはますます多様化・国際化しています。
企業の知的財産権の管理は極めて重要であり、企業内で蓄積してきた知をオープンにするのか、クローズドで管理するのかから戦略的な議論が必要となります。知が公開されてしまっているのにも拘わらず、特許権が取得されていなかったことにより、後にビジネスそのものが脅かされる事例や、商標権に関する無知から、企業のブランドを喪失してしまうといったことがあります。当事務所では、知的財産権をどのように取得し、また、どのように生かして企業のバリエーションに反映させるか等、戦略的なアドバイスを提供しています。