近年、ディープラーニングや自然言語処理をはじめとするAI分野での研究開発が進み、AIに関わるビジネスは各分野で急速に増加し、多くの新規事業やベンチャー・スタートアップ企業が生まれました。
AI分野の急速な発展に伴い、AIが学習済モデルによって自ら判断した結果に対する法的責任の所在や、AIが自動的に生成した著作物等についての知的財産権の帰属主体、学習済みモデル及び学習用データに関連する知的財産権の処理方法、自動運転技術によって生じた損害に関する責任の所在等、通説が存在しない法的な問題が数多く存在します。AIに関連するサービスを提供する場合には、これらのリスクを回避するため慎重な検討が必要となります。
ZeLoでは、上記法的問題をはじめとするAIに関する法務問題の解決に戦略的かつ総合的に携わっています。