「個人情報」「パーソナルデータ」をどのように取扱うか、どのように利活用できるかがビジネス上重要な問題となることが往々にしてあります。また、近時はビジネスのグローバル化に伴い、GDPR(EUの一般データ保護規則)等海外のプライバシー関連法制の動向がビジネスに重大な影響を及ぼすこともあり、法務対応の重要性は増しています。ZeLoでは、パーソナルデータの利活用に関するビジネススキームの検討、各種規程類の整備、GDPRへの対応検討等に関し、ビジネスに即したアドバイス(クロスボーダーを含みます)を提供しています。

また、インターネット上で電子データに基づく取引が主となり始めている現代社会で最も重要な法的整備はサイバーセキュリティだということは明確です。国内のサイバーセキュリティ体制を高めるために、内閣サイバーセキュリティセンターまたは国内・海外の専門企業と連携しております。サイバーセキュリティ基本法に基づき、エンジニア経験のある弁護士がクライアントへ最善にデータを保護するための戦略を法的な観点で提供いたします。